ブックメーカー

NetBet

【NetBet/ネットベット】簡単登録方法: ステップ毎に解説

ブックメーカ-では老舗で、業界歴の長いのが「NetBet」です。入金不要のお得なウェルカムオファーを獲得する情報も盛り込んであるので、最後までしっかりと読んでくださいね。 NetBet(ネットベット)の登録方法 ⓵ネットベットの公式ホームページへ行く ②「今すぐサインアップ」するをクリックして、Eメール・パスワード・使用通貨・国を選択・入力する Eメール よく使うメールアドレスを入力 パスワード ローマ数字にて パスワード再確認 ローマ数字にて 使用通貨 USD/EURを選択 国名 日本を選択 ③個人情報をを入力する 身分証明書/パスポートに記載されている名字 苗字をローマ字で 身分証明書/パスポートに記載されている名前 名前をローマ字で ユーザー名 ローマ字で入力 生年月日 年・月・日を選択 ④個人情報を続けて入力して、ボーナスページへ進むをクリック Mobile 日本は+81を選択・携帯番号を入力(先頭にゼロを入れても自動的に削除されます) 郵便番号 郵便番号を入力(ハイフンは入れない) 町 都道府県 住所 以降の住所を入力 ⑤最後にプロモコードの入力画面です。 最後に利用規約等をしっかり読み、問題なけらば「プレイ開始」をクリックして、登録完了です! トップページ右上に$20のボーナスが付与されていることを確認しましょう! プロモコード(JAWELCOME20)について 登録時にプロモコード(JAWELCOME20)を入力すると、入金不要で$20がもらえるようです! プロモコード(JAWELCOME20)の条件 オッズ1.60倍以上に利用可能 6回以上のベットが必要 キャッシュアウトすると無効 ボーナス、スポーツブック、および居住制限区域で制限されている場合 このボーナスからの最大出金額は$100 勝ち金の出金の為に$10以上の入金が必要 発行から14日間有効 NetBet(ネットベット)の入金方法 現在、ネットベットでは以下の決済方法で入金に対応しているようです!

ブックメーカー基礎知識

ブックメーカーとは?魅力に迫る(違法?投資?)

ブックメーカー/スポーツベッティングとは? 日本では「TOTO」や「競馬」がなじみ深いスポーツに対する「賭け」ですが、ヨーロッパを中心としては「ブックメーカー」と呼ばれとてもなじみの深いものです。特にイギリスでは歴史の深い「ブックメーカー」ですが、現在ではオンラインでのベットが主流となっています。イギリスでは政府からのライセンスを発行厳しいライセンスの基、運営されている立派なビジネスの一つでもあります。そしてスポーツに対して賭けを行うので、「スポーツベッティング」と呼ばれます。 ブックメーカー/スポーツベッティングの特徴 上記のように、スポーツをより一層楽しませてくれるのがスポーツベッティングです。日本語対応のブックメーカー社も増えてきているので、より日本人に特化したマーケット(賭けの対象)が増えていくことが期待ですね! ブックメーカー/スポーツベッティングでは何が賭けられるの? ブックメーカーでは賭けられないものがないと言っても過言ではないくらい、なんでも賭けることが出来ます。 サッカー、野球、テニス、バスケ、競馬などといったスポーツだけではなく、イギリスでは政治が賭けの対象となったり、天気、ネッシーが見つかるなどといった時事ネタさえも対象となります。 また、スポーツ好きな方なら、「オッズ何倍」や「前評判ではオッズが・・」等といった記事を一度は見かけたことがあるんではないでしょうか? しかしながら、オッズが高いものはやはりそうそう勝てません。ブックメーカー社では「トレーダー」という過去のデータを基にしてオッズを作る職があるほどで、しっかりと統計学に基づきオッズが決められています。 ブックメーカー/スポーツベッティングの賭け方 ブックメーカーの最大の特徴は賭けることが出来る種類の多さです。賭けのイメージは「勝ち」と「負け」ですが、ブックメーカーでは「得点者」「コーナーキックの数」「退場者が出るのか」等と本当に種類が多いです。 プレマッチベット(試合前のベット) ライブベット(試合中のベット) ブックメーカーでは試合が始まる前に賭けることが出来るベット(プレマッチベット)、そして試合中に賭けることが出来る(ライブベット)の2種類があります。ライブベットでは試合によっては生中継を観ながら一つ一つのプレーに賭けることが出来、試合観戦をさらにアツくしてくれます。 ブックメーカーは違法じゃないの? 日本でも認知度の上がってきているブックメーカーですが、海外を拠点とし所在地のある国でライセンスを得ているブックメーカーで日本から賭けを行うことはグレーゾーンです。しかしながら、日本国の賭博罪を適用するためには、胴元と賭けを行った両社を逮捕する必要があり、海外ブックメーカーの胴元を逮捕できないので、日本から賭けを行ったとしても逮捕される可能性は低いと考えられます。 「自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。また、上記のように違法かどうかも明確でないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう」 津田岳宏弁護士 五輪やノーベル賞も「賭け」の対象 「海外ブックメーカー」に日本から参加できる? まとめ おすすめブックメーカー William Hill / ウィリアムヒル NetBet / ネットベット