スポーツブック

ブックメーカー基礎知識

ブックメーカーとは?魅力に迫る(違法?投資?)

ブックメーカー/スポーツベッティングとは? 日本では「TOTO」や「競馬」がなじみ深いスポーツに対する「賭け」ですが、ヨーロッパを中心としては「ブックメーカー」と呼ばれとてもなじみの深いものです。特にイギリスでは歴史の深い「ブックメーカー」ですが、現在ではオンラインでのベットが主流となっています。イギリスでは政府からのライセンスを発行厳しいライセンスの基、運営されている立派なビジネスの一つでもあります。そしてスポーツに対して賭けを行うので、「スポーツベッティング」と呼ばれます。 ブックメーカー/スポーツベッティングの特徴 上記のように、スポーツをより一層楽しませてくれるのがスポーツベッティングです。日本語対応のブックメーカー社も増えてきているので、より日本人に特化したマーケット(賭けの対象)が増えていくことが期待ですね! ブックメーカー/スポーツベッティングでは何が賭けられるの? ブックメーカーでは賭けられないものがないと言っても過言ではないくらい、なんでも賭けることが出来ます。 サッカー、野球、テニス、バスケ、競馬などといったスポーツだけではなく、イギリスでは政治が賭けの対象となったり、天気、ネッシーが見つかるなどといった時事ネタさえも対象となります。 また、スポーツ好きな方なら、「オッズ何倍」や「前評判ではオッズが・・」等といった記事を一度は見かけたことがあるんではないでしょうか? しかしながら、オッズが高いものはやはりそうそう勝てません。ブックメーカー社では「トレーダー」という過去のデータを基にしてオッズを作る職があるほどで、しっかりと統計学に基づきオッズが決められています。 ブックメーカー/スポーツベッティングの賭け方 ブックメーカーの最大の特徴は賭けることが出来る種類の多さです。賭けのイメージは「勝ち」と「負け」ですが、ブックメーカーでは「得点者」「コーナーキックの数」「退場者が出るのか」等と本当に種類が多いです。 プレマッチベット(試合前のベット) ライブベット(試合中のベット) ブックメーカーでは試合が始まる前に賭けることが出来るベット(プレマッチベット)、そして試合中に賭けることが出来る(ライブベット)の2種類があります。ライブベットでは試合によっては生中継を観ながら一つ一つのプレーに賭けることが出来、試合観戦をさらにアツくしてくれます。 ブックメーカーは違法じゃないの? 日本でも認知度の上がってきているブックメーカーですが、海外を拠点とし所在地のある国でライセンスを得ているブックメーカーで日本から賭けを行うことはグレーゾーンです。しかしながら、日本国の賭博罪を適用するためには、胴元と賭けを行った両社を逮捕する必要があり、海外ブックメーカーの胴元を逮捕できないので、日本から賭けを行ったとしても逮捕される可能性は低いと考えられます。 「自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。また、上記のように違法かどうかも明確でないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう」 津田岳宏弁護士 五輪やノーベル賞も「賭け」の対象 「海外ブックメーカー」に日本から参加できる? まとめ おすすめブックメーカー William Hill / ウィリアムヒル NetBet / ネットベット